会長挨拶

    高知県橋梁会会長 右城猛
    高知県橋梁会会長 右城猛

 高知県橋梁会は、今年の4月に創立40周年を迎えました。ひとえに,国土交通省,高知県,県内市町村,大学,高専,民間企業をはじめとするたくさんの方々,そして高知県橋梁会会員諸兄のお陰であり,心より御礼申し上げます。


 高知工業高校を定年退職し,第一測量設計コンサルタント株式会社の社長をされていた石川貴泉先生の「県内でも橋梁の設計ができるように皆で勉強しようではないか」という呼びかけに36名の有志が相集い,昭和52年に「高知県橋梁・構造物技術者会」が設立されました。現在の高知県橋梁会です。


 昭和57年からは安芸工業高校の校長を定年退職して株式会社サン土木コンサルタントの会長職にあった村山保先生が,平成9年からは高知大学農学部教授を定年退職して株式会社第一コンサルタンツの取締役技師長職にあった玉井佐一先生が,そして平成19年からは不肖私が会長を務めさせていただいています。

 

 創設から平成29年までの間に,記録に残されているだけで実に454名の方に講師をお引き受けいただいています。この中には,専門分野では日本を代表する権威者の方もたくさん含まれています。改めて,多くの方々に支えられて今日の橋梁会があるのだと感謝の念に堪えません。


 現在の法人会員は51社です。公益社団法人土木学会四国支部との共催で, 毎年4月,8月,12月に研修会,6月には現場見学会を開催しています。研修会では毎回5~6名の講師によって技術研究発表,工事報告,技術基準の解説,新工法や新製品の紹介などをしていただき,毎回100人前後の会員,非会員が熱心に聴講して活発な討議を行っています。


 平成20年からは「高校生橋梁模型コンテスト四国大会」への協賛,高校生の専門的技術教育を支援することにも力を注いでいます。
 平成23年には,高知県橋梁会の高知地域における活動を高く評価していただき,土木学会四国支部から地域貢献賞をいただく光栄に浴すことができました。


 高知県は近い将来,南海トラフを震源とする巨大地震に襲われることが予測されており,橋梁の耐震補強が急がれています。また, 過去に施工された橋梁の劣化・損傷が進行しており,長寿命化対策が今後の大きな課題になっています。


 高知県橋梁会では,これまで以上に関係機関や会員企業の皆様にとって役立つ研修会や現場見学会を企画・実施してゆきます。どうか皆様のご指導,ご鞭撻を今後ともよろしくお願い申し上げます。

平成29年11月

高知県橋梁会40年の歩み
40年の歩み1.pdf
PDFファイル 499.8 KB

高知県橋梁会事務局

 〒781-5105

 高知市介良甲828番地1
 (株)第一コンサルタンツ

 明神 怜佳
   E-mail

 r-myojin@daiichi-c.co.jp

 TEL 088-821-7770

 FAX 088-821-7771